みかづき通信

本の紹介、『架空の夫と』の読書日記、日々の生活の記録を残しています。

『架空の夫と』(9/13~9/17)

f:id:megane9:20201130105520p:plain

【9月13日(月)】

 今日は架空の夫がいない日。
 朝、庭で読書をしていたけれど強風の為、自宅のリビングに避難。
 しかし、一人でもリビングには「くらし」が染みついていて、どうも集中できないので、一旦読書を止める。

 一人なので、だらだらと昼を過ごし、少し涼しくなってきた夕方にまた読書を再開する。
 場所は、庭の作業小屋。普段は、架空の夫がDIYの作業所として使っている。こじんまりとした空間だが、椅子とテーブルがあるので、架空の夫が作っていったレモン水を持ってこもる。

 一時間くらい雑誌を読んでいたら、お腹が空いてきたので夕食を作りに家へと引きあげる。

 夕食を食べたあと、しばらくまったりとした時間を過ごす。
 寝る準備をしてから、寝室で夫の趣味であるジャズのレコードを流し、読書をする。

 今日は四カ所で読書ができたので、満足。

 

【9月14日(火)】

 読書の記録なし。
 架空の夫が、すてきな和のお皿(大きな葉っぱの形)を買って帰ってくる。

 

【9月15日(水)】

 ネットで注文していた雑誌『POPEYE 僕たちはこんな本を読んできた』がポストに届く。
「シティボーイのためのブックガイド」と銘打たれていたので「田舎の30代女は楽しめるだろうか?」と少し不安だったが、中身をパラパラめくってみたら面白そうだったので、杞憂だったようだ。

 架空の夫が和菓子を買ってきてくれる。昨日の和のお皿に乗せたら、とても可愛かった。

 

 

 

 

【9月16日(木)】

 午前十時まで日光浴がてら、庭で読書とおひとり企画会議をする。
 企画会議は難航。うんうん唸る。
 架空の夫は洗濯物を庭に干しながら、鼻歌でビートルズの曲をうたっていた。

 

【9月17日(金)】

 庭に出て早朝の澄んだ空気を脳みそに取り入れ、企画を練る。
 しかし、季節の変わり目と低気圧のせいか体調が不安定。
 結局、何も思いつかないまま架空の夫が作った朝ごはんを庭で食べて、撤収。

 午後二時になってから、庭の小屋にこもって、もう一度企画を練る。
 悩みつつも最終的に「枕草子を読んでみる」ということに落ちつく。

 その後、Spotifyで『&Premium 特別編集 土曜の朝と日曜の夜の音楽』のプレイリストを流しながら、&Premiumのバックナンバー(二〇一五年 三月号)に目を通す。いろんな本屋の特集で、わくわくする。 この号はじっくり読みたいので、少しずつ読み進めていこう。
 

架空の夫と(9/6~9/10)

f:id:megane9:20201130105520p:plain

 

 

【9月6日(月)】

 久しぶりに架空の夫ではなく、私がスコーンを焼く。
 ほうじ茶があまっていたので、「いけるっしょ!」という精神で粉と混ぜて焼いたら、茶葉に茎部分が入っているのを忘れていて食感が悪かった。
 架空の夫は「これ、美味しいね」と、もしょもしょと食べてくれたけど「やめろ! 同情するな!」とはねのける私。
 失敗をほめられると天邪鬼になる。

 

 くそ~、次は絶対成功させるぞ! という気持ちを胸に、今月読む本を五冊本棚から選ぶ。
 再読本を混じっているけれど、

マクベス シェイクスピア全集3(ちくま文庫/松岡和子・訳)
アルケミスト 夢を旅した少年(角川文庫/パウロ・コエーリョ
・キッチン(新潮文庫/吉本ばなな
・とにかくウツなOLの、人生を変える1か月(角川文庫/はあちゅう
・夢を叶えるための勉強法(KADOKAWA/鈴木光)

 

 吉本ばななの「キッチン」は単行本と文庫をすでに持っているのだけれど、今年の夏の文庫フェアでプレミアムカバーとして登場したので買いました。
 これが吉本ばななさんのデビュー作。
私「外側は重たくなくて柔らかさと軽さを兼ねそなえた文体、しかし、その中心にはずっしりとしたえあんこが」
架空の夫「がんちゃん、今、和菓子食べたいでしょ?」
私「なぜ ばれたし」

 

 

 

 

 

 

 

 

【9月7日(火)】

 大好きな海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」を字幕なしで観れるようになりたいと思いつつも、英語の勉強に挫折してうん十回。
 これはちょっと、勉強の仕方が悪いのかもしれない……と思い、「夢を叶えるための勉強法」(KADOKAWA/鈴木光)を読み始める。
 普段は、本に書き込みとかしないのですが今回はがさがさと線を引くし、章ごとにおすすめされている目標立てなどを書き込んでいく。
 読む→書き込む(すぐ実践)というのが気持ちよい。

私「うーん、うーん」
架空の夫「どうしたの? 悩み事?」
私「ジェレミー版のホームズがイケメンすぎてつらい」
架空の夫(これは放っておいた方がいいやつだ)

【9月8日(水)】

私「い、いだだだだ!」
架空の夫「今、湿布貼るから待って~」

 先日、首のヘルニアになったばかりなのに、腰もぎっくりと痛めた。
 椅子に座ってるのもつらいので、本日は布団で大人しくする。
 読書という気分でもなかったので、頭の中で最近、迷走している読書ノートについて見直す。
 現在はHB×WA5サイズの手帳に読書メモをしているのだが、メモは残しておいても読み返さないなぁ、と。
 一筆箋か切り離せるメモ帳に読書の感想メモ(一枚につき、一場面)を書き、読了後、メモを選別、最終的にHB×WA5サイズの手帳に清書する、という流れが良いのかもしれない。
「ああ、庭で本が読みたい」と思いながら、久しぶりに深く眠り続けた。

 

【9月9日(木)】

「夢を叶えるための勉強法」を読み始めた当初は「英語の勉強」について知りたくて読んでいた。
 だが、途中で「あっ、今の私に必要な勉強は英語じゃない」と気づく。
 私がなりたいのは「本の結び屋」だ。英語は話せたり、読めたり、聞けたりしたらそりゃあ便利だろうけど、今のところ英語を使う予定はない。
 なので「本の結び屋」として必要な勉強にチェンジ!!

 とはいっても「本の結び屋」の教科書があるわけじゃないので、手持ちの本で教科書になりそうなものをいくつか本棚からピックアップする。
 腰がまだ痛いので、架空の夫にも少し手伝ってもらった。

 

【9月10日(金)】

架空の夫の本棚から
フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。」
(実務教育出版/肥沼和之)を取り出して、読む。
 実績がない分、ブログの記事更新がんばろ! 

 

 

朝読書のmy bag!

f:id:megane9:20210901132358p:plain

 

 太陽が昇りはじめた静かな朝に私は一日をスタートさせます。
 まずは、天気のチェック。

雨さえ降っていなければ、着替えて自宅の庭へ出る準備をします。

 九月に入ってから朝は肌寒いので温かい飲み物も用意。
 ミルクティーや緑茶、ハーブティー、白湯など選ぶのはその日の気分で。
 準備ができたら、今年PLAZAで買ったお気に入りのトートバック

(A4サイズのものが余裕で入る)を持って、自宅の庭へ。

 花壇のそばにテーブルと椅子が設置してあるので、ひとまず飲み物を置き、椅子に腰掛けます。

 

 ここからが、私の朝のおたのしみ時間。
 家族が起き出してくるまでの朝読書を存分に楽しみます。

 

 トートバックからBluetoothイヤホンを取り出し、スマホから

環境音ポモドーロ動画を再生。

 

 続いて、書評用の本と、本の要約や気になるところ、ハッとさせられたところなどをメモする紙を挟んであるA4サイズのクリップバインダーをテーブルの上に広げます。
 それから、読書メモとは別に本や雑誌を読んでいて「ひらめいたアイデア」や「後で○○について調べよう」と浮かんだことをメモする用のM5手帳

(一番小さいサイズの手帳)も横に置きます。

 

 その時の体調で順番は前後するのですが、朝読書の最初はブログやサイトに寄稿する書評本を三十分から一時間ほど読むようにしています。

 

「ここは!」と思う箇所にはフィルム付箋を貼って、自分はその文章から何を感じたかを読書メモに手書きで記録。

 

 一時間経ったら、次は趣味の読書時間です。

 

 音楽を最近お気に入りの洋楽に切り替え、リラックスした気分で雑誌の気になる特集をパラパラと読みます。
 ここでもお気に入りの箇所には付箋を貼ったり、

直接雑誌に書き込みをしたりします。

 

 雑誌を読むのにも疲れてきたなぁ、となったら勉強用の本(語学だったり、自己啓発だったり)や再読用の本をつまみ読み。

 

 七時半くらいになったら家族が起き出してくるので、朝読書は終了。
 
 気分にムラのあるタイプなので、毎日、きっちりこの通りに進むわけではないですが、だいたい平日の朝はこんな感じです。
 以上が、my bagの中身紹介と朝時間の過ごし方でした。

 

f:id:megane9:20210901132443j:plain

www.plazastyle.com

 

 

f:id:megane9:20210901132500j:plain

 

1.バーバパパのトートバック(PLAZAとBOOK AND BED TOKYOのコラボ商品)
2.Bluetoothイヤホン
3.読書メモが挟んであるクリップバインダー
4.M5の黒手帳(アシュフォード)
5.フィルム付箋(ダイソー
A.書評用の文庫小説(「奈良まちはじまり朝ごはん」)
B.雑誌のバックナンバー二冊(&Premium)
C.勉強用の本(「夢を叶えるための勉強法」)
D.再読本(「デブからの脱却」)

 

 

失われた習慣

f:id:megane9:20210819100303p:plain

 

 一度身についたはずの習慣が、いつの間にか失われた習慣になることがある。

 

 私の場合は、以下の四点。理由も添えて。

 

・運動習慣→首と膝が痛くてやめた

・花を部屋に飾る習慣→花屋に通うのが億劫になった

・手帳タイムを二時間とる習慣→なんか嫌になった

・勉強(英語・世界史)の習慣→自分の出来なさに苛立ってやめた

 

 

 これらの失われた習慣は、本当に必要なことだったのか? 
 また再挑戦したいか? と自分に問い直してみた。

 

【必要ない習慣】

 

・花を部屋に飾る習慣

 これは「部屋に彩りが欲しい」から始めた習慣だが、切り花じゃなくて造花でもいいのでは? と思い直す。

 

 切り花は切り花の魅力があっていいのだが、部屋に彩りをつけるなら百均の造花で試すのもいいだろう。

 

・手帳タイムを二時間とる習慣

 手帳としっかり向き合える人は良いが、私の場合は無理だった。
 逆に、手帳タイムを二時間とる習慣が嫌いになり、最近ではすっかり手帳には触らなくなった。

 

 しかし「手帳離れするのは嫌だ!」と思い、この習慣を見直すことに。
 おそらく、私には「二時間」という時間は多すぎる。
 リハビリとして今日から「十分から二十五分」の時間を手帳タイムにあてて様子を見てみよう。


【再挑戦したい習慣】

 

・運動習慣 

 これはすぐに、再挑戦したいと選別できた習慣である。

 

 最近、運動をしていないので体に不具合が出てきた。
 私の運動はフィットネス系のゲームか短いヨガやストレッチがメイン。この中から、首や膝に負担のかからないメニューを選ぶようにする。

 

 また、やり過ぎは禁物なので、最初は二分~五分程度の運動をやれればOK! ということにする。


・勉強(英語・世界史)の習慣

 自分の出来なさに嫌気がさしてサボるようになってしまったので、再挑戦するにあたり、今回はレベルをぐんっと下げようと思う。

 

 英語は、益田ミリ(著)「みちこさん 英語をやりなおす」をもう一度、読み込む。これは全編漫画なので「もうストーリー覚えちゃった」と言えるくらい読む。習慣が失われた今、何事も「最初の基礎」が大事だと痛感したからだ。

 

 世界史は、国を擬人化した漫画「ヘタリア」を読む。
 国同士の関係や変化がよくわかる漫画であると同時に、web漫画時代から好きな漫画でもあるため、楽しんで取り組めるのでは? と踏んでいるからだ。

 

 実際にこれで上手くいくかはわからないが、

試してみるのは悪いことではないだろう。

電車で読書旅

f:id:megane9:20210802074943p:plain

 

 午前六時。うっすらと明るくなりはじめた夏の朝、私は電車に揺られている。

奮発して指定席の切符を買った。目的地は終点まで。
 今日の旅は観光が目的ではない。
 電車の中で、ただひたすら本を読むだけの旅だ。
 終点に着いたら、駅を出ずにそのまま帰りの電車に乗って、地元の駅に着くまで、また読書を楽しむ。


 私はこの旅を「読書貴族の旅」とひっそり名付けている。

 

 早朝だから、酔っ払って騒ぐ人もいない。
 充電しておいたBluetoothイヤホンを装着し、雑誌でたまたま知ったグレン・グールドの演奏を流しながら、鞄に忍ばせておいた本を取り出す。
 今日の本は積本の中から選んだ。

 

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』

原田まりる/著)

www.diamond.co.jp

 


 長距離電車に揺られながら、哲学について考えるのも乙ではないか。

 哲学に詳しいわけではないが、そのエッセンスに触れるのは好きだ。

 自由席とは少しだけ雰囲気の違う、静かな指定席でよく冷えたペットボトルのお茶を、ちびちび飲みながらページをめくる。

 

 クラシックと哲学とお茶。なかなかに相性が良い。
 一時間半ほどで電車は終着駅に到着する。
 ゆっくりと電車を降りると、今度は事前に調べておいた帰りの電車に乗り込む。

帰りも、もちろん指定席。

 太陽の日差しが強くなってきたが、電車内は空調がほどよく効いているので快適だ。
 途中、目が疲れてきたので窓の外を見る。

なんてことない風景が、今は輝いてみえた。

 

 電車での読書旅。良い旅になったと私はしみじみ感じる。

__________________

 

 以上、全て私の妄想旅行の話だ。
 実際には長距離の電車に乗る勇気はなく(密閉された空間に長時間いる自信がない)、コロナも怖いので妄想旅行をしてみた。

虚しくなるどころが「わー! 素敵な体験してきたな!」と妄想なのに

感動してしまった。

 

 妄想旅行の良いところは、お金がかからず、自分に都合の良い状況を作り上げられることだ。
 実際にこれを実行してみたら、それはそれで楽しいのだろうけど、必ずしも理想とする状況である保証はない。早朝でも、酔っ払いはいるし、大きな声で会話をする旅行客もいるだろう。買った指定席に見知らぬ人がすでに座っている……なんてことも、実際にあった。

 

 今のところ、早朝の庭で「ここは電車、今座っている椅子は指定席のふかふかの座席……」と妄想旅行をするだけで充分、楽しい。

『仕事で大切なことはすべて尾崎の小さな本屋で学んだ』(川上徹也/著)

f:id:megane9:20210729092101p:plain

 地方民にとって、地元の本屋とは何があっても死守しなければいけない場所である。

 

 大きな書店がいくつもある都会と違って、地方の本屋は店舗数が少ないし、

売り場も小さい。
 だが、小さな本屋は地方民にとって読書のライフラインなのだ。
 売り場面積が小さい代わりに、その本屋のイチオシ本や今売れている本がぎゅっと厳選されている。たまに発掘本も見つけられるので、地方に住んでいる私などは目をかっぴらいて平台と棚の本を凝視する。

 

 本書に登場する「小林書店」も大阪の尾崎市にある、小さな小さな本屋だ。
 そこへ主人公、大森理香は会社の上司に連れられてやってくる。
 理香は出版取次の会社に就職した新社会人。東京生まれ、東京育ちの彼女が慣れない大阪支社へと配属になり最初は仕事も上手くいかないのだが、「小林書店」の店主、由美子さんが語ってくれる八つのエピソードからヒントを得て、

 

私、大森理香は、仕事で大切なことはすべて小林書店から学びました。

 

 と言えるほどまで成長していく。

「小林書店」も由美子さんも実在しており、本書は理香を主人公とした小説パートと由美子さんの語るノンフィクションパートで構成されている。話の流れを切ることなく、小説パートとノンフィションパートが自然に繋がっているのが読んでいて

心地よかった。

 

 本書は、今すぐ仕事に実践できるハウツー小説というよりも仕事に対しての、誠実な姿勢、周囲へ感謝する心、人との繋がりの温かさを学べる。
 決して難しい内容ではないので数年後に社会へ飛び立つ中学生や高校生にも、ぜひとも読んで欲しい本だ。

 

 ところで、小林書店では本以外に「あの傘あります」とキャッチコピーを掲げて、

たくさんの傘が売られている。
 何故、本屋で傘を売っているのか。その答えは『仕事で大切なことはすべて尾崎の小さな本屋で学んだ』の中で語られている。

 

 読了後、きっと地元の本屋が愛おしくてたまらなくなるだろう。

 

www.poplar.co.jp

『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』(はあちゅう/著)

f:id:megane9:20210728085122p:plain

 

 人間であることを楽しむってなんだっけ?

 

 本書を読んで、この答えに現在進行形でたどり着けない自分に愕然としている。

 本書の中身は、小説と自己啓発を上手く組み合わせた「自己啓発小説」。
文章は小説形式なので、「自己啓発本は難しくてちょっと……」という人でも

読みやすい。

 語られるテーマはダイエット、仕事、時間、お金、人間関係、恋愛。
 小説なので多少、話の流れは乱れるが、プロローグの後は自分の人生で優先順位の

高い悩み順に読む、という読み方もある。
 悩みごとの優先順位がつけられない人は、順番に頭から読んでいけばいい。

 

 さて、物語の主人公、奈緒は受験に失敗し、就職にも失敗したことで日々、自分の仕事や人生に対して憂鬱とした気持ちで過ごしているOL編集長。
(タイトルの「ウツなOL」のウツはうつ病ではなく、鬱々とした気持ちの「ウツ」)
 そんな奈緒がメンタルジムのカウンセラー、ヒカリと出会う。
 ヒカリに毎回美味しいお茶を出してもらいながら、自分の内面と対話し、新たな視点を得ていく。
 そんな奈緒の言葉で、特に頭にガツンっときた一文がある。

生活に「人間であることを楽しむ」という視点はあっただろうか。

 

 もう、この文章を読んだ時、世界がぐるりっと反転した。
 私はいつの間にか「効率至上主義」に取り込まれて、自分が「一人の人間」であることを楽しむ、なんて考えなくなっていた。
 私の心と体はロボットではなく、ナイフで切り裂けば肉が見え、

血が流れる人間なのに。
 こんな当たり前のことも見えなくなっていたなんて。
 本書を読了し、本を閉じた後もこの文章が頭の中で、ぐわんぐわんと反響し、記事の冒頭へと繋がる。

 本当に、自分はどれだけロボット思考で生きてきたのか痛感した。
「人間であることを楽しむ」それだけのことに、これほど頭を悩まされるとは……どうやら、私はかなりの重症だ。
 ヒカリさんのカウンセリングが今すぐ必要である。

 

www.kadokawa.co.jp