みかづき通信

本の紹介、『架空の夫と』の読書日記、日々の生活の記録を残しています。

レコードのある暮らし

 生まれた時から我が家にはレコードがあった。

 だが、物心つく頃には、CDというもの(当時は8ミリCDという小さなものが主流だった)がすでに存在していた。

 子供には取り扱いの難しいレコードよりも、簡単に操作できるCD(やカセットテープ)の方が断然良いと思っていた。

 けれど、ここ数年レコードの魅力に気づいた。

 まだレコード歴は浅いので、取り扱いにはいつも不安だし、「このレコード、回転数いくつだったっけ?」とど忘れすることも多々ある。

 レコードとレコード関連の音楽機器はすべて父の部屋に揃っている。

 父が働いていた頃は、誰もいない部屋でレコードと戯れることができたが、父も定年を迎え、部屋にいることが多くなった。

 

 静かに、一人でレコードと戯れたい。

 そんな願いが塵のように積もっていく。

 そこで、私は腹をくくった。

 父のようにお金をかけたレコード環境は作れなくても、自分のレコードとレコードプレイヤーを持とう。

 

 偶然、You Tubeで見かけて以来気になっていたレコードプレイヤーがある。

 

 スピーカーが内蔵されており、木の素材が素朴な、アイオンのレコードプレイヤー。

 初めてのレコードプレイヤーは、この子に決めていた。

 

 そして肝心のレコード。

 これは好みのレコードが集まるまでは、父のコレクションを共有することになる。

 幸い、父のコレクションの趣味は私と似通っている。

 だからレコードは後々購入していこうと思っていたが、偶然ネット検索していたらAdoさんのアルバムが今月レコードとして発売されると知り、彼女の歌声が好きな私は速攻で予約した。

 

 

 

 商品が実際に届くのはもう少し先だが、今から届くのが楽しみだ。

 早く、自分の部屋でレコードと戯れたくてうずうずしている。

頭の中が騒がしい時の処方箋

激しい寒暖差のせいですかね。

頭の中が騒がしい。

自分の部屋に一人でいるのに、都会の街中にいるみたいでフラフラ〜。

不安なことばかり頭に浮かんで、思考酔いしてしまう。

 

そんなときの私の処方箋は、

 

  1. 好きな香りを楽しむ
  2. 元気の出る音楽(プレイリスト)を聴く
  3. 本を読む(後述)
  4. 寝る!

 

です。

1から3を試しても駄目なときは、最終的に寝るのが最強!

 

今回は、この中から『3.本を読む』について、おすすめの書籍をご紹介します。

 

1冊目は、読みやすくてメンタル強めになる漫画、『メンタル強め美女白川さん』!

 

今月、新刊(4巻)も出るのでこの機会に全巻そろえるのもありかと!

 

私はまだまだメンタル強め美女じゃないけれど、漫画を通して伝わってくる「すべての女の子へのエール」が素敵です♡

他人からの陰口、嫌味、マウント……すべてにっこり笑顔で跳ね返しちゃいましょう!

 

2冊目は、騒がしい頭の中を混沌と笑いに変えるエッセイ『イルカも泳ぐわい。』

 

コンビ芸人、Aマッソのネタ担当、加納さんの書いた初エッセイです。

Aマッソのネタさながら、混沌で、笑ってしまう。

思考酔いした頭に、ちょうどよい。

「何言うてんねん」とツッコミたくなるのに、一周回って愛おしくなります。

 

最後は、自分の「好き」なことと、とことん向き合うための『可愛いままで年収1000万円』

 

本書は、お金の稼ぎ方ではなく、自分の理想とする働き方や暮らし方を見直す機会を与えてくれます。

「こうあるべき」という固定概念を取っ払い、純粋な子供のような思考に立ち返るのも、定期的に必要です。

 

私なりに考えて3冊の本を紹介してみましたが、気になる本、役立ちそうな本はあったでしょうか?

 

少しでも気になる本が処方できていれば、嬉しいです。

気になっちゃうよ! オーディブルくん!

また朝からふざけたタイトルですみません。

しかし、心はもはや通学中の電車で一緒になる他校のあの人に夢中な女学生なのです

(グーパンチで行こうか?)。

 

そんな感じで、Amazonが有料で提供している『オーディブル』(本の朗読サービス)が気になっています。

 

以前一ヶ月ほど無料体験したことはあるのですが、本を聴く読書に慣れてないせいか、内容が右から左へと流れていくという結果に。

「あれー、これ本で読んだ方が記憶に定着するのでは?」と思い一ヶ月で解約したわけですが、今度、手術があり長めの入院をすることになりそうです。

 

入院中、たいてい利き手の甲に点滴が入るので本が読みにくいんですよね。針がズレるので、文字も書けませんし。

 

そうなると長めの入院中の暇を潰すには、聴く読書『オーディブル』がいいのでは? 

 

と、思いついたら気になって、気になって……。

1月も中旬になりましたが、入院前に耳を慣らす意味で、また『オーディブル』加入しようかな〜、と悩み中です。

 

心が疲れてる時

心が疲れてる時は、生活が雑になる。

 

起床後のベッドはぐちゃぐちゃ。

テキトーな朝食をとる。

服もメイクも無難なものに。

 

こういう時に、自分を知っている人は強い。

「心が疲れてるな〜。今日はあれとこれで心にビタミン注入だ!」と自分の心に適切な栄養を与えられうからだ。

 

この心のビタミン剤はとても大事。

私の場合は、「寝る」「お気に入りの本を読む」「好きな飲物とお菓子を食べる」がビタミン剤になる。

 

ただ、「食べる」系は、与えるタイミングを間違えると過食に走ってしまうので注意が必要である。

 

心のビタミン剤は人によって違うので、まずは色々と自分で試してみるのがいい。

私は今日は、新たな心のビタミン剤を探してみよう。

冬に色がつく

冬には色がない。

一面雪に埋めつくされている日などは世界は少し灰色がかった無色に見える。

味気なく、暗い。

 

それが、北海道で生まれ育った私の感覚だ。

ちらちらと降る雪ならまだ可愛げがあるから、わくわくする余地があるがどかどかと雪が降れば一日中雪かき作業に、追われる。

雪かきという作業も、授業で受けるスケートもスキーも嫌いだったから、雪の良さがわからなかったのだろう。

 

高校生の頃に、親戚のいる東京に旅行したことがあった。

東京の冬はその時が初めての体験で、私は心底おどろいた。

冬なのに椿が咲いているのを見つけたのだ。

冬に、花は咲かないものだと思いこんでいた私の目に飛び込んできた鮮やかな椿色。

興奮しながら、携帯で写真を撮った。

よく見ると木にも緑の葉がついているものがある。

 

「東京の冬って、すごい!」

 

高いビルでも、人の多さでもなく、色のついた冬の景色に馬鹿みたく心がはしゃいだのを、今でも思い出せる。

 

 

 

『月の眼の縁』斉藤壮馬

 河出書房新社から発売されている『スピン 2号』(330円/税込み)に掲載されている声優・斉藤壮馬さんの短編小説『月の眼の縁』は、自分に自信のない臆病な少女の視点で描かれている。

 

 彼女――ユーリには、「えみちゃん」という親友がいる。えみちゃんは、ユーリとは真逆な、すごく可愛くて文武両道なみんなの人気者。ユーリは、「えみちゃんの隣に立つ」ことを不相応と思いながらも、「えみちゃんの親友」というポジションを誰にも譲りたくないと日々葛藤している。そんな、彼女に、えみちゃんはいつも笑顔で「大丈夫」と伝えてくれる。

 だが、二学期のはじめにユーリたちのクラスに臨時の担任として、佐久間という容姿端麗な男性教諭が現れたことにより、ユーリとえみちゃんの関係は変化していくことになる。

 

 この小説で描かれている、主人公ユーリの気持ちは、思春期特有の友情と恋情の狭間にあり、ひとつの「百合小説(女の子同士の恋愛)」としても楽しめる。

 

 実際、私も終盤まで百合小説として読んでいた。だが、最後まで読了後してみると、著者の斉藤壮馬さんが描きたかったのは「内気な少女の友情と恋物語」だけではないように感じた。

 もっとゴシックで、儚くて、眩いほどの羨望。

 そんなキーワードが頭に浮かんだ。

「きっとこうなるんだろうな」と油断していると「あっ!」と不意をつかれる作品だった。

 

 物語の構成は、現在と、過去のえみちゃんとの思い出を行ったり来たりするが、読みにくさはない。むしろ、過去のパートがあることで物語に切ない月光が降り注ぐ。

 

 そして少女は最期の時まで、その切ない月光に照らされ続ける。

 

 この短編は、

・百合小説が好き

・幻想的なお話が好き

・ほんのり切ない気持ちになる結末が好き

 

な方におすすめです。

「架空の夫と」01/09〜13


f:id:megane9:20230110180256j:image

2023年1月9日(月)

 

角川文庫の『枕草子』を読み終わる。

また、『超訳百人一首 うた恋い。』シリーズを読みたくなった。

 

 

 

2023年1月10日(火)

 

昨夜から情緒不安定で、泣き続ける。架空の夫は、慣れたもので私の背中をさすりながら布団に寝かしつけてくれた。

 

夕方まで寝て、起きてから『本が語ること、語らせること』を読了する。

本を読んでいる間、しくしくと痛む胸が軽くなり、明日もほどほどに生きていける気がした。

 

 

2023年1月11日(水)

 

文豪とアルケミストのノベライズ『君に勧む杯』を読みすすめるが、なかなかに難しい文体。読み終えられるのか、ちょっと不安になりながら、鏡開きをする。

 

架空の夫が、小豆から作った汁粉。今年は甘めで美味しかった。

 

2023年1月12日(木)

 

朝に、フィットネスバイクを漕ぎながら『新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい』の序盤を読む。

最初から興味深い。

 

架空の夫は「栗きんとん作ろうと思ったら、めちゃくちゃ手順が面倒くさい」と、へにゃってた。

 

 

 

2023年1月13日(金)

 

寒暖差のせいか、午前中は全然使い物にならない。

架空の夫に、ミルクティーとかコーヒーを淹れてもらう。

が、ポンコツ具合治らず。

 

『新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。』をゆっくり読み進めた。